新築住宅では基礎工事の関係で暖かくなってからの工事が多くなります。
そこでは太陽光発電や床暖房など今では標準装備のような勢いです。
特にこれからは省エネ基準の改正などもあり、実施期限の猶予はあるものの、すでに大手ハウスメーカーなどは住宅の性能だけでなく、太陽光発電をはじめ給湯、空調、照明などトータル的な省エネ住宅の提案を積極的に行っています。
そこでは省エネ基準を満たすためにヒートポンプ式が注目されています。
2年前から進められてきた実証実験においてもヒートポンプの優位性が明らかになっています。
ん〜やっぱりこれからはヒートポンプの時代がやってきますね!